読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

llichika627’s diary

20歳です。主に大学生活の不安や、日々思うことを書き連ねていきます。良かったことも書くと思います。

今年を括る。

 

 

 

年が明けるまでに、

自分の今年を振り返ってみようかしら。

 

 

 

 

 

今年は展開の一年でした。

 

いろいろなものが目まぐるしく変わり、100周回って落ち着いてきた、今現在。

 

去年は人間関係に悩まされ、

自分が世の中では想像以上にブスであるという事実をつきつけられたことが受け入れられなくて、頑張って、

今年になって、それなりにブスなりに折り合いをつけて頑張っていくことを、

なんとかやっていこうとしていきました。

 

 

今年の初めは、

 

唯一のサークル内で仲良くしてくれる数少ない同期とたくさん遊びました。

 

こんなに仲良くしてくれる人がいるのはうれしかったです。今では、男子勢は誰一人仲良くないけど、女の子たちはみんな今でも仲いいです、大好きです。

信じられるものは女友達だけであると今年学びました、やっぱり本質的に男が信じられないと感じた。

 

 

 

そして新たな後輩さんが入ってきました。

勢いが強くて、それでいて個性的なみんな。癖が強いけど、とても魅力的なみんな。私はとても大好きになりました。

最初は距離感がわからなくて四苦八苦したし、たくさん嫌な言葉を浴びせられたけど、それなりにみんなに誠心誠意ぶつかっていったら、通じて。みんな私のことをどう思っているかわからないけど、割と仲良くしてくれたと思います。

 

夏に遊んだり、飲みに行ったり、打ち上げしたり、ダルがらみしたり、いろんな後輩と関わりました。

 

 

その中で推しメンをみつけられて私は幸せです、かわいい後輩たちよ…今のサークルでの生きがいは推しのライブでの姿を写真に収めること、ただそれだけといっても過言ではない…笑

 

 

 

サークルというと、今年になって様々なサークル内の人間ともめました。

去年からだけど。

やっぱりサークルの考え方に合わないと思ったし、

このサークルでしか生きていけないような人間の狭い狭い考え方に合わせる意味がないと感じた。

本当に忘れたいような過去もつくってしまったな。本当に。

あれだけ仲良くしたかったのに、今では殺したいくらい憎い人間だ。お前のしたことを私は忘れない。もはや忘れたくない。もう二度とお前のことなど信じない、地獄へ落ちろ。そういう憎悪の気持ちが膨らむけど、それも遠い昔の話だな。

 

とりあえず、今まではサークルに必死にすがって、サークルの人間に馬鹿にされたくなくて、みんなが行かないような行事にもちゃんと顔を出して、真面目に仕事をして、頼まれたらなんでもやって。必死だった。

もう疲れた。なんのためにそんなことをしてきたんだろう。

仲間外れにされることがそんなに怖いのだろうか、このサークルでしか生きれない人間たちに。そう思うと、ふと体の力が抜けて、顔を出すのをぱったりやめて現在に至る。

 

私の存在なんかサークル内で消しゴムのカス以下だと思っていたけど、来ないことを心配してくれる人もいて、そういう人もいることは忘れちゃいけないなとおもった。

 

 

そのサークルで知り合った先輩のバンド、プールと銃口のおかげもあって、たくさんの知らない音楽に触れられた一年でもあったな。

銃口のギタボとはいい関係だ!先輩だけどダチだな!いつもいい音楽ありがとう、!

自分の好きな音楽を探すのが楽しい。と感じました。

そこで知り合った人達との交友関係も広がり、とてもそれは嬉しかったです。銃口のベースとも仲良しになれた!

来年もたくさん新しい音楽に触れたいと思います。

 

 

サークル以外で、今年は人間関係がさらにひらけた一年だった。

学科の友達!学科の友達との仲がとても深まった一年でした。

最初の一年、趣味も違うし、学校も違う人間と仲良くなれる気がしなくて、完全に殻に閉じこもっていたけど、

みんなすごくいい子で、それなりに色々経験して、

経験したことでそれぞれ成長してて。

お互い、認め合えるみんなになりました。

休みがあるとみんなで遊びに行って、くだらない話をするのが好きです。みんな大好きです。

愛くるしいみんなです。

趣味や目指すところは違っても、いい子たちばかりです。

 

 

そしてバイト!

辛い、辛すぎるけど。

 

女ばかり、バランス悪いけど、それなりに、女子トークが出来るくらい仲良くなれる人もいて、よかったなぁ。

いい先輩、後輩さんばかりです。

辞めちゃう人多いけど、頑張ります…

目の前のはなまるうどんの金土曜シフトのお兄さん達と仲良くなりました、休憩中の癒しだ…

斎藤工錦織圭を足した雰囲気のお兄さん、ほんま笑顔が素敵過ぎ…

今日、私の前のうどん買ってるじいさんがクソクレーマーで、お兄さん対応してたんやけど、私が隣で大丈夫?とか思いながらちょっと笑ってたら、笑顔で返してくれて、あぁ、ほんま休憩中の癒し…尊い……

 

ということで、辞めません。

まぁ、はなまるうどんに転職はしたいね。

 

 

 

 

 

私という人間を振り返ります。

 

やっと今年になって、自分は人間関係を築くのに1年はかかる人間だと判明した。

誰とでも喋ると見せかけて、完全にシャットダウンしてる、というこの事実。これは治ることなく、うまく折り合いをつけてやってくしかないなと悟りました。

 

 

そして、私という人間が、顔だけでなく、心がブスであるという事実。

人の話を聞かない、悪口ばかり言うというクソさ、こういう自分を何度と心の中で殺したけど殺しきれない、浅ましい部分。私の浅ましさ。

自分のクソみたいなプライドの高さから人への浅ましい、妬み嫉み、自分のことを愛して欲しいという強い渇望そして寂しさとの戦い。

全てが私の根本的な人間性であると、いう悲しさ。

私という人間がもっと魅力的でありたいと強く思った一年でした。

変わりたい、と強く思った一年でした。

自分のダメさで苦しめられ、一時期人が嫌いになった、人ごみの中にいると苦しくて心臓がばくばくした。

 

私なりに変わらないとな、そう思わされる一年でした、そう思えることが、変わったな、と思いました。

 

どう変われればいいのか、いまだにわからないし、自己肯定が出来なくて、本当に苦しいけど、それは来年、頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

1年、何も変わってない、のかなぁ。

これからまた新らしく1年が始まるのかぁ、受け入れられない、まだ、やりたいことがある。悲しい。

 

あと20分かぁ。

 

頑張って、生きてかなきゃなぁ。

 

また、何かが、変わることができる一年になるように。

 

 

それに、私の味方は私だけ。なのかも。

 

大事な私を曲げず、生きて生きたいなぁという、今年の反省でした。

 

 

 

 

今年はお疲れ様。

でした。

 

 

 

 

おわり。