読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

llichika627’s diary

20歳です。主に大学生活の不安や、日々思うことを書き連ねていきます。良かったことも書くと思います。

ユーシン渓谷、1人旅。〜準備編〜

 

11月26日、先週の土曜日に行ってまいりました。

11月の頭に私の尊敬すべきコラムニスト(?)のあたそさんがTwitterで渓谷に行った写真を上げているのを見て、ユーシン渓谷の存在を知りました。めちゃくちゃ、青くて、こんなの関東付近で見れんのかい!!マジかい!、!

という感動があり、

かねてから行きたいと思っていたのですが、私に誘えるような友達もおらず、中々時間も取れない状態が続いていました。

 

 

 

 

ちなみに、

ユーシン渓谷とは、神奈川にあります。

そこでは水が澄んでいることから、川や湖がとても青く見え、それが話題になっているんです!ユーシン渓谷には川の水を貯めたダムが2つあり、特に見所とされているのが、山の上部にある、玄倉第二ダムと呼ばれる場所なのです!水が青いことから、そこで見られる景色をユーシンブルーと呼んだり、するらしい!でも、そこまでの道のりが結構普通にハイキングをする感じで、という具合なんですわ!

※私のフワフワな知識の元、かなり適当なこと言ってますが、とりあえずめちゃくちゃ水が青いんです。

 

 

 

 

 

 

 

話を戻すと、

 

 

 

土曜のみ、空いている、!

 

 

 

 

でも、友達がいない。

というか、予定が合いそうな友達を探せない、誘えない。

はい、ここでドダウナー期の私は友達疑心暗鬼期に大突入!サークルにいたっては、もうほとんど全く交友関係を切っちゃいます!

ちなみにそれは今もです!!

それはどうでもいいのですが、

ちょうど紅葉の見ごろの時期、にさしかかっており。

来週からはバイト三昧。

 

 

 

 

今行くしかねえ!!!

 

 

 

 

 

 

そう思ったのが木曜日。

予定を立て始めたのが金曜日、という弾丸旅行でした。

誘うタイミングなどとうに失った私は一人旅を決意。とかいいながら予定立てている時点で100回はやめようと思いますよね~もちろん!

 

 

 

 

 

だって冬山に女1人って。。。

 

この時にうすうす思い出していたんですが、

 

 

 

 

私、山のぼるのめちゃくちゃ嫌いだったわ。

 

 

 

 

 

1人で登れる自信がなくて、そりゃあもうブログレポを読み漁り、読めば読むほど結構ちゃんとしたハイキングをしなければいけないことがわかり、更に行きたく無さを加速!

 

でも、行ったら何か変わるかもしれない!

 

 

という、ありがちな、旅したら女変わる説を突如脳内で作成し始めます(当初、かなりのダウナーと精神的疲労で相当に気が滅入っている状態、藁にもすがるとはまさにこのこと、状態)。

 

ほんと、すぐポエマー気取る女特有のやつ、やっちゃったよね〜〜〜ウン、さすが、やっぱりちゃんと女だわ!!という確認が取れました。

 

 

 

 

 

とりあえず、私を癒してくれるのは

人間ではない、自然だ。

人は嘘つくけど、自然は嘘つかないよな(謎)

 

 

 

という、完全イッちゃってるモードに入った私は、決死の覚悟で前夜、準備を始めます。

用意したもの

 

 

 

一眼レフ(私の中のメインイベント)

マフラータオル

ティッシュ、ハンカチ

懐中電灯2本

カイロ3枚

お茶500ml.おにぎり2つ.チョコレート

時計(結局持ってくの忘れる)

本、メモ帳(電車内の暇つぶし用)

 

 

 

こんぐらいですかね〜。

あと一応、登るときのルートだとか、渓谷付近までのバス時刻表と料金チェックは必ず行いましょう、大抵山奥のバスの本数は少ないし、あと料金も結構かかります。

本来、もっとハイキングに必要なものがあるんですけど、雨具とか防寒具とか着替えとか。予報的に雨降らんし、降ったらその時は死のう、もうあとはどうにかなる、と思い、この荷物かなり少なめで挑みました。

※これは軽いハイキングなので大丈夫ですが、ちゃんと山登る方、ちゃんとした下調べとちゃんとした準備をするよう、お願いいたします。参考にしないでね!

 

 

 

 

こんな感じで山に登る準備をしました、よ!

 

 

次は山登り当日の様子を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり。