読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

llichika627’s diary

20歳です。主に大学生活の不安や、日々思うことを書き連ねていきます。良かったことも書くと思います。

ユーシン渓谷、1人旅。本編。

 

 

あまりの久しぶりの投稿に何を書こうとしていたのか忘れかけております。

ここ2週間、あまりの情緒不安定と体調不調による、もので、物を書くことさえ、ままならなかった、のです。

 

頑張って思い出して書いてみますね。

 

まず、当日のスケジュールですが、

これは、ほんまにロクに休憩も取らずに歩いた結果です。

お昼ご飯はもちろん、完全に抜きました。

全く、参考にならない感じで申し訳ないのですが。

このユーシン渓谷、問題がありまして、

 

・まだほかのハイキングコースに比べて、観光地化がされていない

・山中にトイレ、休憩所、など、きちんと休める場所がどこにもない

ユーシンブルーをみるためにひたすら心を無にして歩くよりほかない

 

これらの理由で、ほかの観光客の人もたちっぱで給水したり、ごはんを岩肌のくぼみっていうんですかね、山側の、方で食べたり、トンネルの柱近くで食べたり、結構めちゃくちゃです。(山側によっかかるなどの行為は落石の危険性が高く、ましてお昼ご飯を食べるなどもってのほかなので、やめましょうね)

とりあえず、高尾山みたいなんだと思っていくと辛くて詰むので、気を付けましょう。

できたてほやほやのカップルは、ひたすら山登るしかないので会話をたくさん用意しときましょうね。

まじで観光地要素低いので、無言はまだ気まずいって感じで行くと高確率で別れる要因になります(^_-)-☆

 

行程、一つずつ写真付きで説明いたします。

 

 

 

7:30 出発

9:30すぎ JR新松田駅、到着、バスに乗る

 

バスの時間は調べましょうね、紅葉シーズンになると本数増えてますが普段は平均1時間1本ペースです。

まじで、バスがローカル感あってびっくりします、あと馬鹿みたいに料金高いです、片道900円。まじか、まじかよ。

私が乗った時はバスがパンパンでした。

時期によって、ぎりぎりに乗るととバスで座れないので気を付けましょう。私は出発二分前乗車で途中で座れたのでよかったですが、50分立ちっぱなしつらい人はここ、注意しましょう。

 

あと乗る前にトイレ行きたい人は行っとくべきです、そのトイレも混むので、結構イライラします。あと、向こうの玄倉駅のトイレ汚いし寒いし、多目的トイレでさえ蜘蛛の巣はってて若干トイレ潔癖症な私死にかけました◎

 

 

普通にバスから見える景色もよすぎて、ちょっとおしゃれな音楽聞きながらわくわくしちゃったよね、うん。晴れてると富士山が見えます、感動します。

 

f:id:llichika627:20161210214320j:image

 

10:30すぎ バス、玄倉駅到着、トイレなど行って10分後に出発

 f:id:llichika627:20161210214141j:image

 

 f:id:llichika627:20161210214208j:image

 

バス停の目の前に玄倉商店というのがありますが、

玄倉商店の人はユーシン渓谷のことを別に教えてくれません、案内もしていません、むしろ不親切なぐらいです。そういうパンフレットみたいなのも置いてません。私たちに道を教えてくれるのは掲示板のみです。

 

f:id:llichika627:20161210214245j:image

 

 

道的には、間違えません、難しくないです、一本道です、右にずっと行けば大丈夫です。結構ユーシン渓谷の入り口に行くまでの湖みたいなのがあほみたいにきれいです。

f:id:llichika627:20161210214408j:image

 

f:id:llichika627:20161210214533j:image

 

f:id:llichika627:20161210214546j:image

 

ていうか結果的に言うと、今回山奥のダムより、手前のダムのが青っぽくてきれいでした、上まで登る必要がないくらいきれいでした。

 

f:id:llichika627:20161210214442j:image

 

f:id:llichika627:20161210214459j:image

 

f:id:llichika627:20161210214513j:image

 

 

道はわかりやすい。↓

 

f:id:llichika627:20161210214709j:image

 

渓谷入り口、一人で行くと結構怖いです。↓

 

f:id:llichika627:20161210214627j:image

 

f:id:llichika627:20161210214640j:image

 

ていうかこの入り口つくのにもトロトロ歩いてると30分以上は余裕でかかります、まだかよという気分にさせてくれます、もう帰らん?という気持ちにさせてくれます。

大体前か後ろにほかの観光客の方いますので、道は自信もって進んでもらって大丈夫だし、いざというとき、助けてくれます、ハイキングなんてそんなもんです。

あと、めちゃくちゃ熊注意の文字をみかけます、不安な人は鈴を持っていきましょう。近年、観光客が熊におそわれることがあったそうですので。

私は持っていきませんでした、もちろん。

こんな人が多い時期にわざわざ熊出てこないし、おそらく、もう何らかの対策が打ってある可能性が高いです。人が少ない時期時間帯に行く人は念のため鈴を持っていくとよいかもしれません。

 

まじで、なんも、ないといえばない。

あるのは、目の前一杯の自然、大自然、紅葉、赤い、紅い、橙、緑。

f:id:llichika627:20161210214743j:image

  

マジで最近運動してないので、急にゆるやかな傾斜をずっと登らされるという苦行、耐え切れず、つらくて、ふと周りを見ると、ため息が出るくらいの美しさ、すばらしきかな…

 

 

なんもないゆるやかな傾斜の連続ですが、ちょっと楽しいところがあります。

 

 

 

トンネル!!

 

 

 

 

 

 

トンネル、好きな人、っていない?よくわかんないけど。

 

 

 

 

 

 

1つ目のトンネルです。↓

f:id:llichika627:20161210214831j:image

どんらい歩いたらあるか 、とか正確なことはわかりませんが、まあ割と前半のほうです、ダムまでの道のり3割4割すすんだくらいでしょうか。バス停から出発して1時間経過したくらいです。

短いトンネルです、別に何も怖くありません、大丈夫やで。

 

 

 

 

2つ目のトンネルです。↓

f:id:llichika627:20161210214849j:image

これが問題。マジでくれえ、なんもみえねえ。

このトンネル中で曲がってるので、トンネルの先が見えなくなっています。それにあたって、ちょっと進むと外からの光はゼロ、真っ暗です、だから懐中電灯が必要なんです。ちなみに怖がりな人は光量強めじゃないと厳しいかもね、私ちょっと電池切れかけだったんで足元しか照らせませんでした。

私はここで前にいる「え、入っちゃう?」「こわ~」と言いながらにトンネルの前をふさぐ邪魔な男女4人を完全においていき1人でずんずん入っていきました。

後ろからその4人の声が反響して聞こえてくるんですが、道が長いため、聞こえなくなりました。前後の観光客が結構離れてると、無音のまま突き進むことになります、意外と長く感じます。

 不思議と怖くなかったです。とかかっこいいこと言いたかったんですが、全然怖いです、気配に敏感になります。

 

 

 

 

 

 

外に出た時がとても気持ちよく感じます。

出たところでご飯を食べている人もいました、だいたいここで7割ですかね。

2つ目のトンネルつくまでには1つ目から結構歩いた感触です。2つ目から3つ目まではマジ、気合。疲れてて、まだ?ってなるけど、気合。

 

 

 

 

 

 

 

3つ目トンネル。↓

f:id:llichika627:20161210214921j:image

一眼レフでとっているんですが、マニュアルモードで彩度とシャッタースピードの調整を間違ったのでこんな感じになりました。たぶん。

実際見るとこんなホラー感ないです。しかも先が見えるのでね、懐中電灯はあんま必要ないです。ここのトンネルだけ、質感が、いい。なんか。

ごめんなさい、写真がないんですが、トンネル内の壁が波打ってて、自然の洞窟っぽいです、好き。

 

 

 

 

 

 

 

 

12:10 玄倉第二ダム 到着、すぐさま戻る

f:id:llichika627:20161210214950j:image

 

 

3つ目のトンネルを過ぎたらすぐに玄倉ダム、があります。

先におっさん集団がいたんですが、

なんだか様子がおかしい。

 

 

 

f:id:llichika627:20161210214815j:image

f:id:llichika627:20161210215022j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

んんんんんんんんんんんんんnあぁぁぁあぁぁぁぁぁ

 

 

 

 

 

 

 

写真で見たのと違う、水が、少ない!!!!!!!!!!!!!!

 

最近行った人で、ダムの水がないっていうツイート、探すといくつかありました。

日によってダムの水が溜まってないことがあるようです。。。

ははは。。。。マジか

 

 

 

 

 

 

この時私は思います。

 

 

 

 

 

(ぶっちゃけ、あの手前のとこのがきれいだわ、そこでたくさん写真撮ればいい)

 

 

 

そうなんすわ。

実は時間帯的にも、午前中~お昼だと、日の光が弱くて、あんまりきれいに青く見えないんです。私はすいてる時間に行きたかったので結果的によかったんですが。

あと、ダムの奥のユーシンロッジまで行かれる方は私が出発した時間くらいでちょうどいいかと思います。でも今ユーシンロッジ休業中やし、

私が帰るときのほうが観光客で山道がにぎわっていました。

トンネルもにぎやかだわ、うん。全然怖くない、みんな懐中電灯つけてっし。

 

帰り道にまた別のおっさんに話しかけられました。

 

 

「あー、あの、ダムまで行きました?どうでした?僕たちそこまでね~行く気がうせておりてきちゃったんですよお」

 

 

 

え、普通にがんばれよ、と思いながらもおじさんが悔しがらないようにちゃんと、上に行ってもダムには水が少なかったことを伝えたら喜んで行かれました。

 

いろんな人いますよね、ハイキングって。

様々な出会いがあります、妙齢の方と。うん。

 

 

ぼちぼち、写真をおりながらだいぶくだってきたところで、日もいい感じにさしてきました。やっぱり渓谷なので、晴れてても日がさしてこないんですよね~渓谷関係あんのかなそれ~~~~また適当なこと言っちゃいますよね~~~~

 

 

f:id:llichika627:20161210215123j:image 

 

 f:id:llichika627:20161210215138j:image

 

f:id:llichika627:20161210215157j:image

 

f:id:llichika627:20161210215210j:image

 

f:id:llichika627:20161210215226j:image

 

f:id:llichika627:20161210215240j:image

 

 

 

めっちゃいい感じ。

いや、最初からここで写真撮って帰ればよかったやんとか思ったけどさ、ダムまで行った時の達成感高めだったし、な。登ることに意味あったから!

 

と思いつつ帰りました。

 

f:id:llichika627:20161210215323j:image

f:id:llichika627:20161210215339j:image

f:id:llichika627:20161210215353j:image

f:id:llichika627:20161210215406j:image

 

 

 

 

 

 

13:10 バス停到着

 

この時普段の時刻表をみて、私は相当失敗したと思います。

1時間はおろか、2時間はバスが来ない、なんやねん、どうしてこんな早く帰ってきた、ア?

しかも、先述にある通り、バス停前の玄倉商店の人マジで全然優しくないので、なんも助けてくれないです。そもそもバス停に椅子ないし。

地べたに座ることを強要されます。私は気にしないので座りました、そしてご飯を食べながら途方にくれます、二時間どうしようかと。マジですでに筋肉痛でお尻痛いし、詰。

 

 

 

 

 

 

と思ったところに!!!!!

 

 

バス!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

観光シーズンにより、増便しているようです。マジありがとう、最高。

 

 

13:35 バス出発

16:45 帰宅  

 

 

 

準備運動をしないで行ったので、次の日 、ていうか当日から馬鹿みたいに筋肉痛になりました、でも運動した感あって最高です、この筋肉痛たまらん、なるほどハイキングも結構楽しい。

 

 

 

 

 

 

友達といったらもっと楽しかったんだろうな~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

今更の後悔。

ほんとに、マジで登っている間はただの修行でしたね。

精神統一??????煩悩を殺す修行??????

まあ、普通に楽しみたいなら友達か、恋人を連れて行ってみましょう。きっと楽しいはずです。友達いたらなんだって楽しいよな。

写真を撮りながら、ご飯を抜いて、早歩き、休憩は全部で15分もとっていないで登ってこんぐらいです。

 

 

結論的に言うと楽しかった。

 

 

 

 

 

ちなみに次の日から体調を崩しました、急激な運動は皆さん気を付けてください。

 

 

 

 

 

 

 

おわり。

ユーシン渓谷、1人旅。〜準備編〜

 

11月26日、先週の土曜日に行ってまいりました。

11月の頭に私の尊敬すべきコラムニスト(?)のあたそさんがTwitterで渓谷に行った写真を上げているのを見て、ユーシン渓谷の存在を知りました。めちゃくちゃ、青くて、こんなの関東付近で見れんのかい!!マジかい!、!

という感動があり、

かねてから行きたいと思っていたのですが、私に誘えるような友達もおらず、中々時間も取れない状態が続いていました。

 

 

 

 

ちなみに、

ユーシン渓谷とは、神奈川にあります。

そこでは水が澄んでいることから、川や湖がとても青く見え、それが話題になっているんです!ユーシン渓谷には川の水を貯めたダムが2つあり、特に見所とされているのが、山の上部にある、玄倉第二ダムと呼ばれる場所なのです!水が青いことから、そこで見られる景色をユーシンブルーと呼んだり、するらしい!でも、そこまでの道のりが結構普通にハイキングをする感じで、という具合なんですわ!

※私のフワフワな知識の元、かなり適当なこと言ってますが、とりあえずめちゃくちゃ水が青いんです。

 

 

 

 

 

 

 

話を戻すと、

 

 

 

土曜のみ、空いている、!

 

 

 

 

でも、友達がいない。

というか、予定が合いそうな友達を探せない、誘えない。

はい、ここでドダウナー期の私は友達疑心暗鬼期に大突入!サークルにいたっては、もうほとんど全く交友関係を切っちゃいます!

ちなみにそれは今もです!!

それはどうでもいいのですが、

ちょうど紅葉の見ごろの時期、にさしかかっており。

来週からはバイト三昧。

 

 

 

 

今行くしかねえ!!!

 

 

 

 

 

 

そう思ったのが木曜日。

予定を立て始めたのが金曜日、という弾丸旅行でした。

誘うタイミングなどとうに失った私は一人旅を決意。とかいいながら予定立てている時点で100回はやめようと思いますよね~もちろん!

 

 

 

 

 

だって冬山に女1人って。。。

 

この時にうすうす思い出していたんですが、

 

 

 

 

私、山のぼるのめちゃくちゃ嫌いだったわ。

 

 

 

 

 

1人で登れる自信がなくて、そりゃあもうブログレポを読み漁り、読めば読むほど結構ちゃんとしたハイキングをしなければいけないことがわかり、更に行きたく無さを加速!

 

でも、行ったら何か変わるかもしれない!

 

 

という、ありがちな、旅したら女変わる説を突如脳内で作成し始めます(当初、かなりのダウナーと精神的疲労で相当に気が滅入っている状態、藁にもすがるとはまさにこのこと、状態)。

 

ほんと、すぐポエマー気取る女特有のやつ、やっちゃったよね〜〜〜ウン、さすが、やっぱりちゃんと女だわ!!という確認が取れました。

 

 

 

 

 

とりあえず、私を癒してくれるのは

人間ではない、自然だ。

人は嘘つくけど、自然は嘘つかないよな(謎)

 

 

 

という、完全イッちゃってるモードに入った私は、決死の覚悟で前夜、準備を始めます。

用意したもの

 

 

 

一眼レフ(私の中のメインイベント)

マフラータオル

ティッシュ、ハンカチ

懐中電灯2本

カイロ3枚

お茶500ml.おにぎり2つ.チョコレート

時計(結局持ってくの忘れる)

本、メモ帳(電車内の暇つぶし用)

 

 

 

こんぐらいですかね〜。

あと一応、登るときのルートだとか、渓谷付近までのバス時刻表と料金チェックは必ず行いましょう、大抵山奥のバスの本数は少ないし、あと料金も結構かかります。

本来、もっとハイキングに必要なものがあるんですけど、雨具とか防寒具とか着替えとか。予報的に雨降らんし、降ったらその時は死のう、もうあとはどうにかなる、と思い、この荷物かなり少なめで挑みました。

※これは軽いハイキングなので大丈夫ですが、ちゃんと山登る方、ちゃんとした下調べとちゃんとした準備をするよう、お願いいたします。参考にしないでね!

 

 

 

 

こんな感じで山に登る準備をしました、よ!

 

 

次は山登り当日の様子を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり。

もやもや

 

 

模擬授業を含めた後期の発表。

2ヶ月間の間、の、7回もの発表。

何もかも終わったけど、心が晴れ晴れとしない。

 

 

うーん。

 

やっぱり人に指示されてやるだけでは意味がないなぁと感じる。

課題がなくなったら何も勉強しなくなっちゃうの?何もやるべきことがなくなるのか。

自分でもっと色々見つけられるようになりたい、と、強く思います。

 

 

 

模擬授業、を、やって。

 

やっぱり教えることが楽しい。

自分の得意な分野を、楽しさを、もっと他の人に知って欲しい。

そういう思いが、とても強い。

自分が教えることによって、わかってもらえたり、より、興味を持ってもらえることが、本当に嬉しい。

 

人との関わりがとっても苦手だし、精神面がとても脆弱だけど、そこが、やっぱり、教師をやりたいと思った理由なんだよなぁ。

と、何年かぶりに、自分が教師をやってみたい、と、思った理由を思い出させられました。

 

 

 

 

最近、人と話すのが苦手、なのではなく、人と距離を縮めるのが苦手、なのかもしれない、と。

じっくり、時間をかけて仲良くなれる、人、なんだと。

警戒心が強くて、仲良くなる前に他人を理解する時間をたくさん要す人間なんだ、と。

 

 

最近、ていうか、今日、感じました笑

 

 

 

今日の教職の授業のグループワーク、友達と同じ班だ、というのもあったから、とても楽しかったけど、今まであまり話せなかった人とも仲良く話せた、気がする。

というか、自然に笑えるし。

自然に、自分から話を切り出せる。

ありのままの自分を出せる、と。

 

1年かかって、やっと、同じ授業を受ける人と仲良くなれそうな感じ。

今さら、、、笑

 

でも、嬉しい。

 

最近、自分が、どういう人なのか、とても不安になって。

どんどん内向的になっていく気がして。

ほんとは暗い人なんじゃ、とか、人が嫌いなんじゃ、とか、たくさん色々考えて、辛くなったけど。

 

自分を出せる人が少ない、んだ、と気づいた。

 

自分を出してるつもりでも、

それは、演じてて、

自分の領域に踏み込んでくる人を、自分で壁を作って、追い返してしまってる。

 

自分を出すのが、怖い。

 

意外と弱いとか、結構すぐ泣くとか、

知られたら、

気持ち悪いって思われるんじゃないか。

思いっきり笑いたいし、思いっきり騒ぎたいし、嬉しいことを言われたら笑いたいのに、

うまく、表情が作れない。

うるさい、こいつ女のくせに、女っぽくない、表情気持ち悪い、

そんなこと、言われる気がして、無表情になってしまう、作り笑顔を振りまいてしまう。

 

 

 

特に最近、サークルでやってしまう。

サークルの人に心を許すことができない。

あの人達は簡単に人を否定する。

そんな人に自分を思い切り出したら嫌われる。

そう思って表情を硬くすると拒まれる。

 

そんな団体に、いる意味あるのかな。

辛い思いしてまで。

私は必要とされてないし、私も必要としてるのかな。

 

まだ辞めるふんぎりはつかないな〜〜

 

 

 

難しい。

 

 

 

 

おわり。

自己顕示

f:id:llichika627:20161119223418j:image

わたしにもついに!

 

 

自己顕示の時が!!!

 

前撮り終わるごとにプロフィール変えたりだとか、すべてのSNSにことごとく自分の前撮りの写真を投稿する女、特にFacebookで何十枚も自分の写真を上げまくる女を、影で

とりあえず自己顕示欲女

改め

SNS乱交女

と呼んでいた私ですが、

 

なるほど、自分の顔が嫌いな女でも、着物の美しさを他人に披露はしたくなるものなんだな、と感心しました。

f:id:llichika627:20161119223900j:image

f:id:llichika627:20161119223918j:image

 

おばの着物なんで20年以上前のお召し物

だがしかし

素晴らしい。

着物の良さというのは、廃れない所にあると、ひしと感じた。

 

自分が金持ち、という自慢をするわけではないのですが、

母方の祖父母がとても裕福な家庭なようで、

3姉妹の母は、3枚振袖があるらしい。。。

だから、小物は3姉妹のものを共有する形で使わせてもらえました。

 

 

私は金持ちだから偉いとか、ないし

そもそも私の家は一般的な家庭だし、

人間のステータスが金銭のみで決まることは決してないと思うけど、

 

価値のあるものを残しておいてもらえたという点で、とても素晴らしく感謝している。のです。 

古き良き、古典的な柄と、白と青緑のような色合いが私はとても好きです。f:id:llichika627:20161119224503j:image

 

髪もとても良くしてもらい。

 

写真を撮るとき、私の知り合いは

「モデルさん気分で写真を撮った!!」

みたいな、

楽しんでる風な人しか見たことなかったので、写真が嫌いな私もそのときだけ写真が好きになるのか?!

と思ったけど

予想通り嫌いでした。

 

 

 

 

 

 

面白くないのに笑えるわけないだろ。

 

 

早く終わらせたし、写真選びも秒速で終わらせました、100枚以上撮って、8枚選ぶのに30分はかなり短い方らしい。

みんな結構悩むし、永遠に決まらない人もいるらしい。

 

はい、私ブスを連呼する女の9.5割は結局は自分大好きなのが証明されちゃいましたね〜残念!

今度から2度と私の前で言わないでくれ?

 

 

 

 

私は、自分の写真が気持ち悪すぎて最早笑うしかなかったです(^^)

 

たまに、良い写真、というか普通に人前に見せれそうな写真もあり。

あ、こういう顔が良いんだな、こう写れば気持ち悪くならないんだな、

という勉強に大変になりました。

 

 

私は歯を見せて笑う写真を撮るのが本当に大っ嫌いだったんだけど、

今回で

歯を見せても結構気持ち悪くないし、以外と自然な表情なんだな、というのを発見し、

家で思わず笑う練習をしてしまいました。

アナウンサー気取りか、気持ち悪い。

 

 

でも、こういう日々の努力で、私はブスのスタートラインから、普通の一般人のスタートラインまでのしあがる努力をしなきゃならないんだと、思っています。

この努力が実るときが来るのかなぁ。

 

最近はとりあえず、口に出す悪口の数と、文句の数を減らすのを努力しようと思う。

 

 

 

最早、口を開きたくない。

私も話さなければモテるのか?

でも、私から面白さを取ったらただのブスなのでは?

 

 

私という人間が、人を惹きつけれるような時が、いつか来れるように、もっと精進しなければ。

 

 

 

より一層、誓ったのであります。

 

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

リーダー、とは。

 

 

発表が、終わり、幸せです、現在。

本当にグループワークが苦手だと感じた。

まぁ、まだ私のところまで発表回ってないんだけどね、一応、調べ切ったということで。

 

まだ、教職の模擬授業の発表が残っている…

 

 

 

 

でも、まだ少し時間があるし、好きな教科だし、何よりグループワークじゃないことの嬉しさを感じるのです。!

 

私は最近グループワークをして思ったのですが、とことん、リーダーに向かないと感じました。

何かと、スパパッと仕事を終わらせたり、物事を早く進めたいから自分で先導して物事を進めたり調べたりするので、

リーダー役を押し付けられがちなんですが、

 

絶対に向いてない。

 

 

まず、仕事が出来ない奴も、しない奴も嫌い、だし、滅べばいいと思っています。

あと、適当にやる奴も嫌い。

だから、他の人に適当にやられたり、やらないくらいなら、自分1人で全部やる。

優しいね、という人もいるけど、裏を返せば人のことを信用してないし、私は冷たい人だと思う。全部やるのも、やらない人が今後困ればいいと思ってやらせないし、自分が恥をかかないために、自分で完璧に仕上げたいのです。

 

 

でも、グループにおいて、そういうのは良くない。相手の力量に合った仕事量をリーダーは振り分けて分業しなきゃいけない。

それに、1人がやればその分ミスも増える。

わかってるけれど。

仕事を振るのが面倒だし、そんな時間も労力もさきたくない…

 

 

 

 

 

リーダーに問われることはリーダーシップのみではない。

他人との交流をうまく持てる人

他人の力量を図り、仕事を分担できる人

努力を惜しまない人

物事を先回りして、見立てを立てられる人

「仕事ができる人」がリーダーに向いてる人に見られがちだけど、仕事が早いだけで、他人をまとめられないことも多い。

1番必要だと思うのは、他人を見極めるチカラと、人一倍の努力、であると、強く思ったのでした。

 

 

 

 

 

自分は、リーダーの横で、リーダーを補佐する役が、向いてるのかなあ、と。

 

 

そんなことを考えたり。

 

 

とりあえずもうとうぶんはグループ発表はしたくない。

 

 

 

 

 

おわり。

 

なんやかんやゆうて

f:id:llichika627:20161116185016j:plain

f:id:llichika627:20161116184836j:plain

この前の実習は久しぶりに体を動かして楽しかったのかもしれない

と、今振り返るのでした。

 

普通に疲れすぎてダウナーはいってたけど、

その日に撮った写真を見たら、めっちゃ満足したし、

久しぶりに自分のサークルとか、学科以外の人と話した空間が、それはそれで、とても心地よかったのでした。

 

班員の人とあんまり話せなかっただけで私と話してくれた人はいたのでした。

 

実習といっても、教職の授業で、特別活動(いわゆる遠足)に関する指導のための、模擬遠足、という。面白いですよね、東京たてもの園というところにいったのでした。

f:id:llichika627:20161116184901j:plain

 

f:id:llichika627:20161116184937j:plain

とてもきれいなところでした。昔の建物がたくさんで。 しかもよく晴れていて。

写真日和で。

 

こういう日もいいなあと、当時はイライラしていたけど、思ってたより、体を動かす楽しさを感じたのでした。

私と話してくれた、友達も、いたし、

何より、話しかけてくれる優しい他学科のお兄さんお姉さん。

一人でぼーっとしてたら、

ちゃんと班員と話せてる?アイスブレイクしなきゃだめだよ~

と、お兄さんが心配してくれました。感動だ、イケメンだ、一瞬で好きになれる。

お姉さんも、私が一人でいるときにたくさん話しかけてくれました、好きだ。。。

 

 

 

こういう、誰とでも話してくれて、気にかけてくれる人って今時珍しいし、

教員らしさを感じて、

そういう教員特有のあたたかみを、久しぶりに感じて、ジンとしたのでした。

 

私はそんな人になれる気がしないし、

教員に今更向いてない感じがして、将来何がしたいのか相変わらずわからないまま、ふわふわ生きているのでした。

 

 

またこれからバイトとサークルに身を投じなければいけないのか。

ゆっくり考えて、

ゆっくり勉強する時間がほしい。

生きるのに必死すぎる。

 

あと、もっと雑念をなくしたいなあ。

いつも、彼氏のことばっかり。だな、ははは~

 

 

とりあえず、この前の週末に、人のやさしさを感じたのでした。

 

 

 

おわり。

どうしようもない時

 

 

誰にでもあると思うのですが、

まさに私が今その時。

 

今日しかも特に自分にうんざりしてしまいました。

 

本日、教職の実習で班行動をしなければならない時に、

自分の話せるようなテリトリーの人間がだれ一人いないと決めつけ悟った私は途中で話すことを放棄し、一人で一眼で写真を撮り続け自由奔放にやりたい放題やってしまう、という失態。

とりあえずその実習へのモチベーションが信じられないくらいに低かったところからの原因があるけど、

もっと馴染むとか、話しかけるとか、やらなきゃいけないとなあと、、

 

向こうが話したくてもこっちが話す気ない感じを出せば、話すのをやめるものね。

もう最早話しかけてほしくもなかったんだけれども。

団体行動において一番やってはいけないことね。。。

出された課題に対してもまじめに取り組むつもりもなかった。

 

班員の人が優しい人で助けられました。

実際私とあまり波長が合わない人なのかもしれなかったけど、営業スマイルと営業トークでもいいから、もっと話をするべきだった。

そもそも「営業」と思ってる時点でダメなのかも。

昔わたしにあったはずの、人に誠心誠意向かうエネルギーは一体どこにいったのか。

 

元々人に物事を頼むのも苦手で、抱え込みがちなんだけれども。

あと、スポーツも趣味も、

水泳、絵画、読書、楽器全般

一人でこもって淡々とやるものが好き、で。人と協力することがほとんどなかった環境のせいかしら、グループワークがとても苦手になってしまった。

 

自分のペースで、自分のクオリティーで、頑張りたい。

他人とやると、もしほかの人の失敗があったり準備不足があっても、その人を直接的に責めるのは、タブーだとされているし、みんなで協力し合わなかったという連帯責任になる。それが私にはどうも納得いかない。意味が分からない。いらだつ。

 

根本的に人のことを信用していない、というのがあります。

 

大多数の人間は流される。そういう自主性のない人に仕事を任せたくない、と思ってしまう。クオリティーの保証されないコンテンツを使用するなら、自分ですべてやってしまう。

 

 

 

でも、結局自分の首を絞めているだけ。

だれにも頼れなくて苦しむ。苦しい。誰かに助けてほしいと強く叫びたくなる。

 

 

 

 

今また、グループワークで、それをやってしまって、苦しんでしまっている。

私ともう一人で分担するところを、いつまでたっても連絡が来ないから、連絡をしてみると、まだ何も準備していないし、何もわかっていない。

話し合って、いちから彼女に説明する時間がもったいない。

その時間があるなら自分でやってしまう。

という最悪ワンマンプレイを発動してしまいました。

彼女自身、部活の遠征に先週まで行っていたそうで、その前週は私が学祭で、結局彼女が遠征に行っていて準備ができなかったのを今日言われました。

これは完全にお互いの連絡不足以外の何物でもないのですが、私はグループワークをするにもかかわらずそんな大事なことを言わずに、あと四日で発表というところで言い訳がましく言ってきたのがとても許せず、

おもいっっっきりな嫌味を言い、全部仕事を引き受けてしまいました。

ありえない。

 

いくら、相手に非があっても自分にも非があることを忘れてはならないし、自分でやると決めたんだからぐちゅぐちゅ文句のようなことを述べるのは本当に筋違いも甚だしいのです。

そんなに怒るなら嫌なところを全部彼女に最初から任せればいい、のに。

それをしないでおいての嫌味は本当に後味が悪く、言った後にとても後悔しました。

 

 

結局、私は今日の実習で、連絡をよこさなかった彼女と同じようなことをしていたのです。人のことを本当に言えないな、と思った瞬間、人間をやめたくなった。

 

今度、きちんと各方面お詫び申し上げなきゃなあ、、、

 

 

 

ただの懺悔でした。

 

 

 

 

 

長くなったけど、

 

おわり。